マレーシアにビザなしで滞在するリスク

MM2Hビザを取らなくても
3ヶ月ごとに一度マレーシア国外に出るなら
マレーシアに滞在できるとされてきました。
 (ビザがなくて困るのは銀行口座をつくれないことくらいです。)

しかし
日本人でも長期間マレーシアに滞在していると、
3ヶ月ごとのチョップが通用しにくくなってきました。

最近
  ・滞在期間を短縮される(1-2週間から1ヶ月など)
  ・所持金を調べられる
  ・帰りの航空券を購入しないと入国を認めない
    (以上は出国カードに記載されます。)
  ・最悪の場合強制送還される
ことが起きています。どんっ(衝撃)
(そのほか日本を出国するときに必ず帰国すると「誓約書」を求められた例もあります。)

一度イミグレーションから要注意人物として目を付けられると、
次回からの入国に問題が起きます。
  ・地方のイミグレ(港や空港)
  ・ハリラヤなどの祝日
でも確実にチェックされます。exclamation
  ※要注意人物の場合パスポートの一部をスキャナーにかけると、
    音は鳴りませんが自動的にイミグレ担当者のパソコンが警告します。

最近は、マレーシアでも不法滞在している外国人(ほとんどが不法労働者)の強制送還が起きています。
日本人でも聞く話では
  ・若い人(労働可能な人)
  ・単身者
を特にチェックしているようです。
(家族を残してマレーシアで不法に働いていると疑われるようです。)
しかし、若い夫婦でも来馬目的をたずねられることがあります。

ところで、マレーシアの取り決めでは、
  ・1回のマレーシア滞在では最長90日
  ・年間合計180日の滞在
となっています。
空港など一度に大勢の審査をするところでは
一人一人の旅行者の年間滞在日数を調べられないと言われています。
しかし、コンピュータを導入すれば年間滞在日数を計算することは簡単でしょう。

ビザなしでマレーシアに長期滞在するには
長期間マレーシアに滞在できるのはマレーシアに来て欲しい外国人、
つまり
  ・マレーシアでお金をどんどん使う人
  ・犯罪に関係しない人
とみなされる必要があるでしょう。
でも、いくら口で説明しても証明するものがなければいけません。

長期滞在したい人はどうしたらよいかと考えてみると
  ・親のMM2Hビザや就労ビザ〔ワークパーミット〕)のコピーを持つ。
    (親の世話などを理由にできる?)
  ・マレーシアで働く必要がないことを証明する英語の銀行預金明細
    (本人名義、できれば数ヶ月分の明細〔現金は危険〕)
をイミグレに提示する程度しか考えられません。
  ※英語の残高明細は、
   ・シティバンク:受取る残高明細を日本語から英語に替える
   ・ソニー銀行:書類を請求すると簡単に英文残高証明を作成(有料)
  ことで対応できます。
   (その他の銀行は手間と時間がかかります。)

でも、一番の方法はイミグレ担当者に、
『マレーシアで働く必要のない「お金と暇のある若い人」』
と見てもらうことでしょう。

リーマンショック以降世界の情勢は変わってしまい
簡単に世界中を移動できる次代はすでに終わったのかもしれません。失恋


この記事へのコメント
そもそも他人の国に来て勝手に居住されたら迷惑千万ですよね。日本でも不法外国人の身勝手な振る舞いや中国人の生活保護不正受給、健康保険の乱用(3割で医療を受け、保険料を払わず3か月以内にドロン)などの事件が多発していますので、日本人には恥ずかしい振る舞いをしてほしくないです。外国でこのような振る舞いを平気でする日本人が同じ国民としてとても恥ずかしく、マレーシアの人達に申し訳ない気持ちで一杯になります。抜け穴のような事を平気で教える日本人に恥を知れと言いたいですね。
Posted by おれんじ at 2012年07月01日 22:04
おれんじさんへ

マレーシアに滞在する人それぞれに事情があるでしょうが、イミグレーションも含めたマレーシアの法律を守ることが必要ですね。
ただ、ビザを持たずに入国する日本人にはマレーシアでの「生活保護不正受給、健康保険の乱用」はありえません。
Posted by 山田 譲 at 2012年07月02日 00:52
仮に他国へ出国する場合、最低何日空ければいいのでしょうか?
1日や2日でも可能なのでしょうか?
あるホームページには最低4日間とありましたが、分かりますか??
Posted by まる at 2012年08月28日 21:07
まるさん、ようこそ。

さまざまな情報がありますが、それらの情報は過去の経験やイミグレ窓口で口頭で言われた内容だと思います。イミグレーションがそのような件について公式の発言はしないでしょう。

どのくらいの期間マレーシアに滞在しているかも関係すると思いますが、あくまでもご自身の責任で判断してください。
また短期間で再入国する理由について説明を求められたときにきちんと説明できることが必要でしょう。

そのほかイミグレで短期間の滞在しか認められなくても、ちゃんとスポンサーをつけてプトラジャヤのイミグレで申請すると本来の90滞在を認めててくれることもあります。

Posted by kazuboy at 2012年08月29日 17:42
大変参考になりました。ありがとうございます。実は今キャメロンハイランドに滞在中で,大変気に入ったのですが、ビザが心配です。今回は90日で出国しますが、年180日の数え方を教えてください。私は昨年の12月12日入国しましたが、年間とはこの日から数えて今年の12月11までとなるでしょうか。それとも1月1日〜12月31日でしょうか。今年の夏来て、また12月に来るのはダメでしょうかね。
Posted by 小林正弘 at 2013年03月06日 18:21
小林正弘さん、ようこそ。

>今回は90日で出国しますが、年180日の数え方を教えてください。

>年間とはこの日から数えて今年の12月11までとなるでしょうか。それとも1月1日〜12月31日でしょうか。

イミグレーションにたずねるのが一番正確です。また前年に入国した日から数えると思います。
勘違いで90日を過ぎる、何か問題が起きて予定日に出国できなくなるとペナルティが課せられるでしょう。

>今年の夏来て、また12月に来るのはダメでしょうかね。

マレーシアの法律では年間180日までは問題ありません。ただイミグレがどんな対応をするかについては私にはわかりません。
何かの問題で入国できなくてもやむを得ないと割り切るか、もしくは長期滞在できるビザを取るかののどちらかになると思います。
Posted by 山田 譲 at 2013年03月06日 20:12
参考になりました。3ヶ月のことはあまり考えずにいてはいけないんですね。

インターネットで収入がいくらかありますのでマレーシアでもインターネットで稼いでいますのでこういった場合はどうなるんでしょう
Posted by アイチャンチイイナ at 2014年03月14日 09:59
アイチャンチイイナさん、ようこそ。

日本でのインターネットを利用した収入と考えて回答します。
(就労ビザがない人がマレーシアで生まれる収入を得るなら不正就労になるでしょう。)

ポイントは、住民票がどこにあるかで違ってきます。
日本に住民票があるなら、その地域を管轄する税務署に所得税を申告します。
日本に住民票がなく1年間のマレーシア滞在が182日未満ならマレーシア居住者とみなされません。税法的には、海外での所得には課税されないと思います。そしてマレーシアの場合182日を超えて滞在しても、海外で生まれる収入は課税対象にならないと思います。ちなみに日本のASPに入金される収入は源泉徴収がありませんが、日本非居住者の場合マレーシアでも課税されないことになるでしょう。
 参考情報 『海外駐在・移住税務ハンドブック』の要約(各国編)
 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/314345143.html
Posted by 山田 譲 at 2014年03月15日 00:10
初めまして、大阪在住の川口です。今年定年を迎えるので移住先を探しています。マレーシアが第一候補です。上記の項目で日本のASPとありますが、それは何ですか?基本的な事も知らないので教えてください。よろしくお願いいたします。川口
Posted by 川口照代 at 2018年05月04日 10:23
川口照代さんへ


〉上記の項目で日本のASPとありますが、それは何ですか?

先の質問者アイチャンチイイナさんが、日本でアフィリエイト(ウェブサイトで広告収入を得る)のお仕事をしておられるようです。
たいていの場合、広告収入の計算・報酬支払いなどはその会社ではなく、アプリケーション・サービス・プロバイダ(Application Service Provider)が代行します。Application Service Providerを略するとASPとなります。
 参考サイト http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security_previous/kiso/k01_asp.htm

以上、参考になればうれしく思います。
Posted by 山田 譲 at 2018年05月04日 10:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。