TransferWiseで日本へ送金できない!!日本のマルチカレンシー口座間送金ができない!

最近、日本でも
TransferWiseのマルチカレンシー口座を
利用できるようになったら

なんと、TransferWiseを利用して

1.マレーシアから日本へ
   海外送金できなくなりました。(汗!


2020.1105tr1.png

2.マルチカレンシー口座あて送金ができない!
(日本だけでの利用者は問題なし。)

2020.1105tr2.png
 ※わたしは日本に加えマレーシアでも
  TransferWiseを登録しています。

ことがわかりました。


1.マレーシアから日本へ海外送金できない。

(1)送金しようとすると以下の画面になり、

El_LmA9VMAAhQ_Q.png

下に赤い字で
Sorry, Japan residents
 must use a pre-funded balance
 to send from a non-JPY currency.
 Please set up and top up
 your desired currency balance first.

と表示されます。

(2)やむを得ないので、アプリから
リンギット残高に追加をするため 
Add をクリックします。
(画像の100RMは以前日本円から両替)

El_Na8vVgAAwy_c.png

ところが、なんとマレーシアリンギットが
見つかりません。💧

El_OqKTUYAMXlhk.png El_OrRwVkAAW6os.png

つまり、突然、TransferWiseを利用して
日本へ海外送金できなくなりました。💨

まったく連絡もなく
日本へ送金しようとしたら
使えないことがわかる!
レベルの低いサービスに呆れます。


2.マルチカレンシー口座間での送金ができない!
 (日本だけでの利用者は問題ありません。)

日本でTransferWiseを利用する友人から
わたしのTransferWiseの
マルチカレンシー口座に送金できたので、
わたしも利用できるかテストしようと
残高から送金する方法についての指示に従って
この友人のTransferWiseマルチカレンシー口座へ
米ドル口座へ送金しようとしました。

2020.1105tr3.png

でも、できません!!💦

日本語サポートにたずねても
要を得ない回答です。
(日本で口座開設した人だけに対応し、
 日本に加え他の国でも利用する顧客に
 対応できないのでしょう。)

やむなくTransferWiseの
ツイッターアカウントに質問しました。

すると、
マルチカレンシー口座のサービスが始まる前に
日本で規制が加えられたために
このような不便さが始まったとのことです。

おまけに、
『マレーシアでの利用を取り消したら
マルチカレンシー口座間で送金できるか?』
とたずねても返事がありません。
【参考情報】
 Revolutの会員間送金、国内送金とその他サービス


実際に海外からの送金や
マルチカレンシー口座を利用するとき
初めて問題がわかる。
何の連絡もなく、質問に答えられない
サポートには呆れるだけです。

新興のフィンテック企業は
以前ほどの勢いがないので
サポートに人材や資金を
当てられないのでしょう。
 参考情報 
 コロナショックはチャレンジャーバンクにも試練!

どこまでその金融機関に頼り
利用するかは、
個人個人が考えて決定する時代です。

【参考情報】 
〇どこまで金融機関を信頼するかの一例
不特定多数からお金を受取ていると
銀行は、突然口座を凍結することがあります。
 法律事務所ミライト・パートナーズのブログ 
 「疑わしい取引」を理由とする預金口座の凍結等について
メインの銀行では、
そんな取引をしないようにしましょう。







この記事へのコメント
こんにちは。
>※わたしは日本に加えマレーシアでも
> TransferWiseを登録しています。
とありますが、TransferWiseのアカウントを2つ持っているということでしょうか。
1人の人間が2つの居住国情報を持つのは、警戒されるのでしてはいけないというのが私の認識です。
私は、マレーシアの居住情報のみでTransferWiseのアカウントを持っていますが、マルチカレンシーから日本への送金をしようとしても(送金の必要がないため最後まで操作をしていませんが)そのような警告は出ません。
そもそも、マルチカレンシー口座を持たない人用の、リンギットの入金口座を利用すればいいのではないかというのが私の感想です。
Posted by 通りすがり at 2020年11月05日 17:28
通りすがりさん、お久しぶりです。

>>※わたしは日本に加えマレーシアでもTransferWiseを登録しています。

>とありますが、TransferWiseのアカウントを2つ持っているということでしょうか。
1人の人間が2つの居住国情報を持つのは、警戒されるのでしてはいけないというのが私の認識です。

わたしは一つの口座で日本とマレーシアの両方の住所を登録しています。そして今回TransferWiseに質問したときもわたしの顧客番号を伝え、問題ないことを確認しています。


>私は、マレーシアの居住情報のみでTransferWiseのアカウントを持っていますが、マルチカレンシーから日本への送金をしようとしても(送金の必要がないため最後まで操作をしていませんが)そのような警告は出ません。

マレーシアだけで登録した人の状況を教えてくださりありがとうございます。
今回の記事の中でも説明していますが、日本と海外両方でTransferWiseを利用している人への情報です。MM2Hビザ、就労ビザや学生ビザをとって移動してきた日本人がまず最初にTransferWiseを日本からの送金に利用し、その後マレーシアから日本などへの送金に利用する人が多いと考えてこの記事を書きました。

TransferWiseと何回かやり取りをしたのちにわたしが推測することは以下の通りです。(TransferWiseはわたしの質問に対して詳しい説明しないので、あくまでもわたしの推測です。)

1.TransferWiseは、日本でマルチカレンシー口座そして数か月後に控えるデビットカードを始めるにあたり日本当局と折衝し、その指示を受け入れた。(そのためマルチカレンシー口座開始が9月にずれ込んだ?)

2.TransferWiseは日本でのマルチカレンシー口座とデビットカードを始めるにあたり、日本の住所だけで登録する人の利便性を優先し、日本と海外両方で利用する人へのサービスが低下することを受け入れた。

3.TransferWiseのサポート部門は、今回の日本と海外両方の住所を持つ顧客のトラブルへの対応がわかる人が少ない、特に日本語対応チームにはわかるスタッフがいない。


>そもそも、マルチカレンシー口座を持たない人用の、リンギットの入金口座を利用すればいいのではないかというのが私の感想です。

そのとおりで日本から送金する必要のない人は、問題ありません。

近いうちに日本⇔マレーシア双方向での送金ができなくなった人や、せっかく始まったマルチカレンシー口座間送金が利用できない人への対応を策を紹介する内容のブログを書く予定ですので、お気づきの点があればまたコメントしてください。
よろしくお願いします。

Posted by 山田 譲 at 2020年11月05日 18:55
返答ありがとうございます。
個人的には、最初は日本の住所で登録しても、ビザの取得後に住所をマレーシアに変更すべき(日本の住所情報を消すべき)だと思いますが、TransferWiseの方針もいまいちはっきりしないので、人にあれこれ勧めることはできないですよね。
ご存知でしょうが、現在、マレーシアの住所ではマルチカレンシー口座を新規に作れなくなっていて、既存の口座もいつまで使えるか不安が残る状況です。Payoneerは手数料が高いし、法人の銀行口座からしか入金できないので(任意の法人からの入金が可能か、特定の法人からの入金のみ可能かは、国と通貨によって異なり、開設しないとわからないようです)、どの程度使えるか見えないところがあります。
Posted by 通りすがり at 2020年11月06日 00:12
通りすがりさんへ


>個人的には、最初は日本の住所で登録しても、ビザの取得後に住所をマレーシアに変更すべき(日本の住所情報を消すべき)だと思いますが、TransferWiseの方針もいまいちはっきりしないので、人にあれこれ勧めることはできないですよね。

TransferWiseは(今はサイトの説明を省きましたが)、日本に郵便物を受取れる住所があるなら海外在住を宣言した人に、日本からの送金を認めています。(昨年5月、またいつか忘れましたが今年の早い時期に再度確認しています。)
ですから日本の住所を削除しなくても構わないでしょうし、TransferWiseから削除する要請も来ていません。
 参考情報 http://kaigaisokin.seesaa.net/article/446342582.html
 ※質問2


>ご存知でしょうが、現在、マレーシアの住所ではマルチカレンシー口座を新規に作れなくなっていて、既存の口座もいつまで使えるか不安が残る状況です。

情報ありがとうございます。わたしは知りませんでした。というかマレーシアから日本へ送金できるとTransferWiseから連絡があってすぐに申し込みましたが、そのときはすでにマルチカレンシー口座は使えませんでした。


>Payoneerは手数料が高いし、法人の銀行口座からしか入金できないので(任意の法人からの入金が可能か、特定の法人からの入金のみ可能かは、国と通貨によって異なり、開設しないとわからないようです)、どの程度使えるか見えないところがあります。

わたしはマレーシアでビジネス展開していないのでpayoneerを使ったことがありません。なかなか利用が難しいようですね。ご存じかもしれませんが、以下のカードがあります。

1.マレーシアとシンガポールだけで利用するならbigpayカードがあります。(そのほか近隣国にも海外送金できます。) http://malaysialongstaylife.seesaa.net/article/472757811.html

2.日本発行のrevolutカード:マレーシアリンギット残高は持てませんが、多くの通貨でマルチカレンシー口座を利用できます。 https://kazubo1.com/kokunaisokin/

あとは、日本で登録した人向けにもうすぐ始まるTransferWiseデビットカードがどのようなものになるかまだ不明です。(日本に加えマレーシアでも登録している私にも連絡が来ました。マルチカレンシー口座間送金はできませんが)デビットカードで通貨残高から支払えるならうれしいです。

以下は余談です。

どうしても日本から海外送金する必要があるマイナンバーを持たない海外在住日本人は、一時帰国して住民登録後に利用する金融機関にマイナンバーを登録したと思います。しかしコロナ騒動で現在はそのような方法は難しいでしょう。海外在住者にマイナンバーを発行しない日本政府は困ったものです。(海外公館で働く公務員は実際のところどのように対応しているのかと思います。)

海外で活動するといろいろ面倒なことが起こります。最近マレーシアで活動する日本人の方がツイッターで、
「(海外で活動することは)『難易度の高いロールプレイングゲームみたいなもの。誰に聞いても、「正しい情報」がよくわからない中、自力で書類と情報集めてなんとかしなきゃならない!』
と言っておられましたが、同感しています。

Posted by 山田 譲 at 2020年11月06日 02:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。