マレーシアの交通事故と保険

日ごろマレーシアで自動車を運転していると、
  ・木の枝を車の後にさして停車している古い車
故障車のしるしで、少々渋滞になってものんびりかまえます。

またKL郊外でに住んでいるのですが、
  ・ヘルメットをかぶらずオートバイに乗る(高級車を持っている)近所の人
  (近所へ出かけるだけ?、暑い、などやむを得ないのかもしれません。)

3.ロードタックスの取締りしかしない?警察官
   他に罰金をはらったのは駐車違反だけです。

これらについては、”これもマレーシア”と気楽に考えることにいます。わーい(嬉しい顔)


しかし一方で、知人の空港などへの送迎は必要最小限にし
またわたしも交通費や駐車料金がかかっても、自分で動くようにしています。

というのはマレーシアでの、
  ・同乗者が交通事故にあったときの責任
  ・日本では考えられないような原因の自動車事故
  ・日本と比べた人口比死亡事故率の高さ
  ・日本とは異なる自動車保険
を考えるからです。

以下に、マレーシアの自動車事故、整備状況、オートバイ運転者について
わたしの経験や知っていることをまとめます。

〔事例1:整備不良が原因と考えられる交通事故〕
KL近郊のハイウェイの道路わきで
  ・小型トラック   ・大型ローリー   ・転倒したオートバイ
が関係するぞっとするような死亡事故の直後に出会いました。
しかし、そんなバカな!と驚いたのは
先頭に止まっている小型トラックのドライブシャフトが外れて道路に接触しています。
 (ドライブシャフト:運転席のエンジンから後輪につなぐ太い鉄製のパイプ)

事故が発生した流れは、
1.先頭を走る小型トラックのドライブシャフトが外れて路面に落ち異常走行になった。
2.後ろを走っている大型ローリーがあわててハンドルを切った。
3.すぐ脇を走っていたオートバイに接触してオートバイ運転手は転倒し、
  大型ローリーの後輪で轢かれた。
というところだと思います。
わたしの推測が正しければ、小型トラックの運転手もしくはその所有者は、
過失ではなくもっと重い責任があります。

〔事例2:高年式(?)車の整備不良〕
でこぼこ道などのショックで、前輪をささえる鉄製部品(名前不明)が
突然ポッキリ折れた。(2件の事例)
このようなことになると前輪タイヤが「とっけはっけ」の方向を向いてしまい
まっすぐ進めずハンドルもきかなくなります。
非常に危険で、もし高速で走っているときにで起こったらと考えると恐ろしくなります。

そのほか、マレーシアでは無免許のオートバイ運転者は過半数と推測され
  ・反対車線路肩の逆送
  ・渋滞中に道路中央を走って反対車線を走る車を驚かせる
バイクはあとを絶ちません。
(KL中心部、南部の開発が進んだ地域ではそれほどではありませんが)

マレーシアの交通事故死者率は人口比では日本の5倍程度になると思います。

〔マレーシアの保険〕
では、交通事故の損害を補償する自動車保険はどうなっているのでしょうか。
基本的な自動車保険では、本人や親族からの訴訟がないと同乗者への保険金は
払われません。
 ※詳しくは → まれーぐまの業務日誌 保険 をご覧ください。

では、どのくらいのドライバーが搭乗者保険をかけているのでしょうか?
知り合いの日本車を4台も使っているリッチな中国系マレー人にたずねると、
『ローカルで搭乗者保険に入る人はほとんどいないし、
    交通事故の同乗者で保険金を請求する人もそれほどいない。』

とのことです。(死んだらそれで終り?)
つまり自損事故で同乗者を死なせたり重度障害を負わせても
マレーシアで事故の補償を受けるには、本人や親族から訴訟を起こしてもらう
必要があります。

ですから
  ・日本より危険なマレーシアで同乗者の命を預かることの責任、
  ・同乗者が事故にあった後の金銭と精神的な負担
    (海外での入院治療、日本への遺体搬送や葬儀など)
を考えると、今のところ気安く送迎を引き受けられないのがわたしの現状です。





セカンドオピニオンの大切さ

ホンダのフィットとマイビィの2台を使っていますが、
フィットをマイビィと比較すると
  ・高速道路での安定性
  ・車体の割にたっぷり荷持を積める
ので助かっていました。

ところが、ある日加速をしようとすると左のドライブシャフト近くから
異音が出てきます。exclamation
あわててオイル交換など日常の整備をしている修理店に持ち込むと
CVTシステムの交換が必要だと言います。

部品の値段を調べてもらうと、
  ・新品なら2万RMダッシュ(走り出すさま)
  ・中古部品なら2,000RM
と、マレーシア車の中古が買えるほどの値段です。あせあせ(飛び散る汗)

困ったと思い、ホンダ社を3台持っているローカルの知人に相談すると、
 「昔ホンダの工場で働いていたホンダ車にくわしい修理店」
を知っているので紹介するのとのうれしい言葉です。ひらめき

さっそくたずねてみると、

「ホンダ車は『ギヤマウント』が弱くて壊れやすい!」

と言われ、調べてみるとやはりそこが原因でした。
部品の取り寄せと修理を合わせて2時間ですみ、かかった費用は、
『200RM』でした。

KLの北にはホンダ車のディーラーもあるのですが、
そこまでいかなくてすみ、ほっと一安心です。
やはり、パンプの多いマレーシアならではの故障だと思います。

最初の修理店も親切な人ですが、
CVTのトラブルについての経験が少なかったのです。
一つの店だけでなく他の店の意見、
『セカンドオピニオン』を知ることは大雪だと感じました。

日本から車を輸入する方はこんな点に注意してください。

〔参考情報〕
1.日常試用で劣化する部品は、前輪のブレーキパッドとエアークリーナー
だと思います。
フィットの経験では、
  ・エアークリーナーは日本の方が安い
  ・ブレーキパッドはマレーシアの方が安い
ようです。

2.最近、NAZAという韓国のKIAとマレーシアの合弁会社の車を良く見かけます。
そしてトヨタのビオス(カローラ)と比べるとうれしい価格設定です。

最近トヨタ車でエンジンのバルブスプリングの交換というちょっと信じられないリコールがありました。
韓国との合弁企業の車の評判を調べてみようと思います。
タグ:

マレーシアの交通事故 その2

今度は、停車中に相手の車にぶつけられるという事故に会いました。失恋
幸い後のバンパーとハッチバックドアがへこんで塗装が少しはげた程度でしたが、
いざ修理をするとなるといろいろ問題が出て来ました。あせあせ(飛び散る汗)

1.加害者の若いカーマニアのインド人は英語が分からない。
   ※タミール語を話せる友人が同乗していたので通訳をしてもらえました。
2.相手が「お金がない。」と言う。
   ※警察に届けるだけで加害者側に300RMの負担になります。
     しかし簡単な修理ならそれほどかかりません。

しょうがないので、
・ 相手の知っている修理工場で修理して費用は後から払う。
ということに決めました。

さて翌日修理に行こうとするとローカルの友人が
『とんでもない。変な修理工場だと自分の車がどうなるか分からないぞ。
と脅かされました。
つまり、
  ・車の持ち主が見ていないところで勝手に乗り回されてしまう。
  ・部品や車自体を盗まれる。
がく〜(落胆した顔)
そして、
  ・外国人は泣き寝入りするしかない。ちっ(怒った顔)
というのです。
実際に修理に行くとその修理工場がどうも胡散臭いのです。(^_^.)

〔修理のいきさつ〕
約束の時刻に行くと店長が、
  「急に修理が入って忙しくなった。明日の朝10時に来てくれ。」
やむを得ないので翌日指定された時間に行くと今度はその店長がいません。
他の店員に聞くと
  「今日は休みでわからない。」
というのです。それで店長のケイタイに電話しました。
  「ゴメン、休みを忘れていた。明日来てくれ。」
・・・・、さすがに頭に来たので
  「バカにするのもいいかげんにしろ!!すぐに今から修理するように部下に指示しろ。」
  「修理代は加害者からもらうので、わたしから受取る必要はないとはっきり言え!」

とどやしつけました。パンチ
(修理が始まって1時間くらいすると店長が出勤して来るのであいさつしたら
   バツの悪そうな顔をしていました。)

友人の忠告どおり車のそばから離れず作業を見守るのが正解でした。わーい(嬉しい顔)
  ・修理工は塗装は上手ですがバンパーをはずすのにねじ山を壊しそうなくらい不器用です。
    (見かねて2,3回手伝いました。)
  ・修理工の友人と称するどうも怪しい人が何かと英語で話しかける。
    (車内を物色しかけていると感じました。)
2時間余りで修理が終わり
  「ありがとう、お金はあんたの友人から貰ってくれ。」
と言われてちょっと困った表情の店長の修理工場を後にしました。

今回の経験で交通事故を起こすと
1.マレー語の話せる人と連絡を取れる。
2.相手によっては小さな傷程度ならヘタに交渉するよりあきらめる。
3.信頼できる修理工場を選ぶ。
必要を感じました。exclamation

〔余談〕
この話を他の人にしたら、
  「マレーシアで交通事故に会ったら、相手が血みどろでもどちらに責任があるか
    確認してから救急車を呼ぶほうがよい。」
  「交通事故に会った人を通りがかりに助けたときは、警察に届けておくこと。そうしないと
   事故処理や治療費を請求されることがある。」
と教えられました。
まだまだマレーシアに住む外国人だと考えさせられた今回でした。
タグ:交通事故

マレーシアの車の整備

車がパンクして近くのガソリンスタンドに駆け込んだら
日本とは違い修理はしてくれません。もうやだ〜(悲しい顔)

やむなく通りすがりのタイヤショップで修理を依頼すると
ものの見事5分で完了しました。
料金をたずねるとわずか5RMでした。exclamation

一方、日本から輸入した車をエネオスで点検すると
エアークリーナーが汚れているので交換が必要と言われました。
安いものだろうと簡単にOKしたら、
請求はなんと160RMexclamation×2
輸入車で部品が高いのです。がく〜(落胆した顔)


パンク修理は日本なら1,500円から2,000円程度でしょうか。
エアークリーナーはせいぜい数百円です。

この価格差の大きさにちょっと驚きました。

マレーシアの交通事故

マレーシアで初めての引越し疲れのせいか注意散漫になり、
初めて交通事故を起こしてしまいました。ちっ(怒った顔)
(止まっている車に接触と全面的にこちらに責任がありました。)

初めての経験でしたが
  1.相手にお詫びする。
  2.ビザを取った際のエージェントりかさんに相談して、
    保険のエージェントの電話番号を教えてもらう。
  3.チャイニーズのエージェントから、
    事故担当の料金無料の番号を教えてもらう。
ところまで、対応しました。
(わたしのたどたどしい英語でたいへんでした。
  相手がマレー語や中国語しか話せないならもっと大変でしたでしょう。)

さて、幸い人身事故ではなかったのですが、
相手がおもしろい提案をしてきました。

『警察に届けるとそれだけで費用が300RMかかる。
(加害者のわたし負担)
 こちらとしても保険の支払いが遅いので困るので、
 修理代はせいぜい200RMだから金銭でカタをつけませんか。』

実際には部品代と修理代をあわせて250RMになりましたが、
それですべて決着しました。

日本でも翌年の保険掛け金を考えて自己負担する例があります。
今回の事例がどこまで本当か確認をしていませんが
いかにもマレーシアらしい解決方法だと感じました。

でも、事故は起こさないよう、十分に注意しましょう。わーい(嬉しい顔)

マレーシアのカーナビ その2

マレーシアでカーナビ(GARMIN社)を1年近く使っていて

○ 始めの画面が立ち上がらない。
  しばらくして立ち上がっても、初期化されて
    ・お気に入りに登録した情報
    ・さまざまな設定

  が消えてしまうexclamation×2
ことが何回か起きました。
(何らかのバグだと思います。)

始めの画面は、何度か挑戦していると立ち上がってきますし、
初期化されても購入したときのデータは残っています。

しかし、利用する文字や音声その他の設定は、
自分で登録し直す必要があります。

一番の問題は、
  ・友人宅など自分で登録したお気に入りが消えてしまう。どんっ(衝撃)
ことです。
使い慣れた道以外からその場所に行くのが大変なことも起こります。

できるだけそのようにならない方法、
なっても簡単に解決する方法を紹介します。

【対応方法】
1タイムゾーンを『香港』にする。
  オーストラリアのパースもマレーシアと同じですが、
  こちらにすると時々トラブルが起こるようです。

2お気に入りに登録したデータを保存しておく。
方法は、
 1.パソコンにUSBケーブル(自分で購入)を使って接続する。
 2.マイコンピュータからカーナビのフォルダーを開いて
  「gpx」のファイルをパソコンに保存する。
ことで簡単にできます。

初期化などデータが消えた時は
 1.カーナビの設定を自分が使っていた状態に戻す。
 2.パソコンに保存していたデータをカーナビのgpxのフォルダー内にコピペする。
と、以前使っていたとおりに戻ります。わーい(嬉しい顔)

このようにしておくなら、
完全とは言えませんが、
問題が起きても対応できます。わーい(嬉しい顔)

〔追加情報〕
GARMIN社の最新モデルに旧モデルgpxファイルをコピペしても
自宅以外は表示されませんでした。




  

マレーシアの運転免許証

そろそろ日本を出る前に作った国際免許の期限が切れるので
マレーシアの免許証作ることにしました。

まず、厚木インフォテックのサイト内 運転免許 で予備知識を得ておきました。
しかし、これだけでは少々情報不足なので運転免許をもらう手順をまとめておきます。わーい(嬉しい顔)

○ 日本大使館 で日本の免許証の英訳

1.日本大使館前には駐車場所がないので路上駐車します。
  (結構何台も車が留まっていました。)
2.入り口で簡単な身体検査の後、申請依頼窓口に行きます。
3.さまざまな用紙が入った箱から『免許の翻訳依頼』を選んで必要事項を記入します。
 (在留届[夫婦の場合どちらか一人でOK]もいっしょに出しておきました。)
4.日本の免許証の原本を用意していた免許証のコピーを照合した後、2人分の手数料124.00RMを払います。
・・・・
5.翌日。再度日本大使館に出かけて免許証の翻訳を受け取ります。


○ JPJで免許申請

日本大使館でもらった資料(JPJ)にJPJの住所や必要書類が書かれています。

JPJまで
厚木インフォテックにたずねると、
Shah AlarmのJPJの方が混まないと勧められたので、そちらに行くことにしました。
(輸入した車を登録するときKLのJPJでは手続きに時間がかかりましたのでお勧めです。)
Garminのカーナビで、近隣検索を「Shah Alarm」にして「JPJ」と入力すると
すぐに案内が始まりました。カーナビが使えるのは便利です。
(フェデラルと高速の出口はすぐ近くで、JPJはジャンクションを降りてすぐです。)

JPJにて
マレーシアの公共機関にいくと困るのは英語案内がないことです。もうやだ〜(悲しい顔)
入り口の案内で外国人の免許申請を聞くと2階の6番とのことです。
(入り口の裏に2階へ上がる階段があります。)
運転免許の申請用紙をダウンロードして印刷しておきましたが、受付窓口にもあります。

免許証用の写真はJPJで取ることにしていたのですが、
写真は1階の建物を左回りに回った奥の小さな店で撮ることができました。
(日本の免許のコピーを忘れたので、夫婦2人の写真と免許証のコピー合わせて14.8RM)

申請窓口
2階の受付に行くと「番号札を受け取れ。」と言われます。
なんとそのために一人の人が座ってます。
番号札を受け取り10分程度待つと呼び出されました。

免許証の申請用紙はすべてマレー語です。
代書屋がいると聞いてていましたが見当たらなかったので
窓口で記入の仕方をたずねると親切に教えてくれました。

1年分30RM、夫婦2人5年分300RMを支払って
15分ほどで運転免許証を受け取ることができました。
(運転免許の更新は郵便局やネットでも更新できるとのことです。)

ということで無事マレーシアの運転免許証をつくることができました。
なお、免許証を紛失したときの対応をたずねると、
パスポートなどを持参すると再発行してくれるとのことでした。ハートたち(複数ハート)

マレーシアのカーナビ

マレーシアに住み始めて一番困っていたのがマレーシアの道路事情でした。もうやだ〜(悲しい顔)

1.KL市内へ車で出かけようとしても立体交差が多く複雑です。
地図だけでは目的の場所に予定の時刻に到着するのは至難の業、駐車場を探すのも一苦労です。
(よほどの荷物がない限り、バンサーやクラナジャヤの駐車場に車を止めてモノレールで中心街に出かけていました。)

2.冷たいように思われても我が家のお客を鉄道駅やプドラヤのバスターミナルへ送迎することはせず、近くの駅までで勘弁してもらっていました。

3.KLIAに到着した友人を迎えに行くことは簡単です。
しかし、どういうわけか帰りにKL方面の標識に従うと遠回りになってしまいます。
(グーグル・アースで調べてようやくその理由がわかりました。)

そんな調子なので、何かよいカーナビがないかとネットで情報を調べていましたが、
もうひとつ購入に踏み切れませんでした。

そんな時、ときどきパソコンの調整をお願いしている厚木インフォテックのスレシュさんが
GARMIN社のカーナビを紹介してくれました。

紹介されたのは以下の二機種です。
1.音楽を聞けたり、ブルートゥースという無線を利用して携帯電話もハンズフリーで使えるタイプ     ・・・・・2,300RM
2.カーナビだけに特化したタイプ・・・・・1,500RM
※英語の使用説明書をスレシュさんの奥さんが日本語訳した解説書が付いて来ます。

購入して利用してみた結果は GOODでした。ひらめきわーい(嬉しい顔)
道を探したり間違えて修正するストレスがないのがたすかります。
プドラヤのバスターミナルへ友人の送迎が無理なくできました。

カーナビだけに特化した1,500RMのタイプを数日使ってみて
その使い勝手をまとめておきます。

◎ 街中をゆっくり走る、高速道路を走るときには十分な案内をしてくれます。
しかし、ややこしい道であまり飛ばすと案内が追いつかずかえって混乱するかもしれません。
しかし、日本の高価なカーナビと同じ性能をこの値段で求めるのはは酷でしょう。

目的地登録について
◎基本的な情報(交通機関、ショッピングセンター、最寄のガソリンスタンドなど)は
すでに入力されています。そのためいつどこからでも案内を開始することができます。

○住所から登録できます。
しかし、もうひとつ登録の仕方がよくわかりません。
一番間違いないのは一度目的の場所に持参し(ポータブルです。)その場所を登録することです。

△現地に行かずに地図から登録できます。
しかし、地図の動きがもうひとつ遅くて使いづらいです。

◎値段  日本のカーナビが平気で20万円前後するのと比べるとけっこうお買い得です。

◎ 大きさなど  ちょっと小さい(画面サイズ 縦5.5cm×横10cm)と思いましたが
実際の利用には十分で、フロントガラスの中央下に取り付けても視線を邪魔しません。
アンテナも内蔵ですのでシガーソケットから電源を取るだけです。

◎ 日本語表示と日本語音声の案内
地名表示、地名入力などは英文字ですが、利用説明は日本語で表示されます。
音声案内も日本語です。

○徒歩、自転車での案内も可
公共交通などで出かけるときに車からはずして持って行き、その場で目的地を登録すると次から車で出かける時に利用できます。(バッテリーは6時間程度はもつようです。)

◎案内の修正 道を間違えてても何度でも修正して案内してくれます。

【ご注意exclamation×2
車を駐車するときは必ずカーナビをはずしてください。(簡単にはずせます。)
盗難やフロントガラスを割られる可能性があります。失恋
カーナビを持ち歩くか車内の目立たないところに保管しておくとよいでしょう。

日本の地方都市に住んで近くだけを運転する私にカーナビの必要ありませんでしたが、
車社会のマレーシアではけっこう役立つものです。わーい(嬉しい顔)


タグ:カーナビ